異常なフケは皮膚科で診てもらおう

ワセリンで頭皮の表面をベタベタにしていれば、古い角質細胞ははがれおちにくく、その結果、基底層で新しい細胞が生まれにくくなり、頭皮が薄くなるのです。ここいちばん、絶対に肩にフケを落としてはならない!というときに限り、ごく少量つけること。これをかならず守ってください。さもないと、ワセリンといえども薄毛や、禿げる原因になります。また、シャンプーで洗わなくなったら、ブラシの先で地肌をこするようなブラッシングは御法度です。新陳代謝が良好な頭皮は、元気で厚いため、角化細胞の層も厚くなっています。それを、ブラシでこすると粉のような細かいフケが出てしまいます。地肌をこすらずに、毛だけをやさしくブラッシングするようにしてください。
フケは、頭皮が健康であっても(というより、健康であるからこそ)、多少は出るのが当たり前ですので、あまり神経質にならないほうがいいでしょう。う。けれど、肩に真っ白く積もるほどフケが落ちるのは、明らかに異常です。何かの原因で、頭皮が皮膚炎を起こしていると考えられます。炎症の原因としてよく知られているのが、マラセチアというカビが原因の脂漏性皮膚炎です。脂漏性皮膚炎の原因についてはいろいろな説があり、まだ完全には解明されていませんが、皮脂が酸化した成分による刺激といわれ、皮脂を酸化させるものとしてマラセチアが原因であることが少なくありません。マラセチアの作用によって酸化脂質が大量にでき、その酸化脂質の刺激によって頭皮に炎症を起こしている状態が、脂漏性皮膚炎です。前頭部の生えぎわや眉毛、小鼻のあたりなど、皮脂腺の発達した部分が赤くなって、少しかゆみをともない、粉をふいたり、フケが大量に出たりするのも特徴です。
このような症状があれば、すぐにでも皮膚科で診察を受けましょう。マラセチアは、正常な肌にもいるカビの一種で、数は少ないのですが、誰の皮膚にも棲みついている皮膚常在菌ともいわれていいわれています。皮膚を守っている他の常在菌が正常に棲みついて、活動していれば、カビなどそうそう増えるものではありません。ん。ところが、シャンプーやヘアトニックなどのヘアケア製品をくりかえし使っているうちに、それらに含まれている防腐剤によって、肌を守る善玉常在菌は死んで、数が極端に減ってしまうので、防腐剤に強いカビが勢いづいて増えてしまうのです。シャンプーのしすぎで、マラセチアに感染している人がいるいっぽうで、シャンプーをやめたことで、マラセチアに感染する人がいることも、ここでぜひ知っていただきたいと思います。頭皮からフケが出ないようにするシャンプーはコレが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です