頭皮のフケが気になるならワセリンが有効

それよりも重要なのは、梳かし方です。ゴシゴシと強く梳かしたり、ブラシを速く動かしすぎると、髪を傷つけてしまいます。ゆっくりと、やさしく梳かします。地肌はこすらないように梳かすのがコツです。地肌をこすると、細かい粉が出てしまいます。地肌のマッサージをしたいときは、指の腹で押してください。ブラッシングは、最低でも1日に1回、水洗髪するまえにおこなうのが原則です。ブラッシングによって余分な皮脂や過酸化物などの汚れが浮きあがってきますので、ので、それらを水洗髪で洗いながせば、それだけ汚れをしっかりと落とせます。もちろん、洗髪のまえだけでなくても、ベタつきやニオイが気になるときは、いつでもブラッシングを。頭皮も、気分も、さっぱりします。汚れたままのブラシを使っては、頭皮や髪も汚れてしまいますので、ので、ブラシはこまめに水洗いしましょう。やってみればわかりますが、髪の脂やニオイは、ほとんど水で洗い流せます。ふつうのクシや目の粗いナイロンブラシを用意しておいて、毎回、水で流しながら2つを交叉させて、ブラシについた髪の毛をとったり、ゴミを掃除したりしてください。ナイロンやプラスティックのブラシは水洗いもOKです。獣毛は水洗いをすると、多少寿命が短くなるかもしれませんが、早めにかえたほうが清潔ですし、髪も傷みません。ぬるめのお湯や熱いお湯、ときには純せっけんで洗うと、汚れはさらに落としやすいのです。せっかくシャンプーをやめたのですから、ブラシもシャンプーでは洗わないでください。合成洗剤は洗いながせず、かならず残りますので。
シャンプーのせいで、フケがほとんど出なくなっていた人では、水洗髪に切り替えたことでフケが増えるはずです。それが、頭皮が健康になった証だとわかってはいても、気になるかもしれません。
あまり気になるようなら、洗髪のときに頭皮を指先の腹で軽くマッサージして、古くなった角質をある程度落としておくのです。それだけで、気にするほどのフケは落ちてこないはずです。
また、冠婚葬祭などで黒い服を着なければならないときにフケが気になるようなら、頭皮の表面にごくごく薄く白色ワセリンをつけるとよいでしょう。指先にごく少量(米粒半分~1個分ほど)のワセリンをとって、両手のひらで十分にのばしてから、頭皮につけていきます。ワセリンは皮膚の中へ入っていくことがなく、また、きわめて酸化しにくいのが特徴で、酸化するまでに数年もかかるほどです。ワセリンは水洗いで大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です