シャンプーをやめれば白髪や頭皮に良い

シャンプーという行為は薄毛の原因となり、さらに、肌まで荒らす元凶です。女性に限らず男性も、肌の健康のためにも水だけの洗白髪を始めるべきです。とくに、乾燥肌、敏感肌、アトピーの人には一刻も早く、シャンプーをやめていただきたいのです。アトピーの肌では、バリア機能が著しく低下しているので、シャンプーの最中に泡が少しついただけでも、シャンプーの成分が皮膚の中に入りこみ、肌がかぶれて炎症を起こします。アトピーの方こそ、担当の医師と相談のうえ、1分1秒でも早くシャンプーをやめて、水洗白髪に切り替えていただきたいですね。
シャンプーをやめれば白髪や頭皮にいいことばかりだということはわかったけれど、水で洗うだけでは汚れが落ちないのではないか、不潔になるのではないか。そう思っている人が大半でしょう。しかし、さきほどのくりかえしになりますが、実際には、水だけで洗っているほうが、皮脂の分泌量が少なくなる分、頭皮も髪も清潔に保てるのです。事実、水だけで洗っている人の頭皮を顕微鏡で見ると、きれいなものです。皮脂も汚れもちゃんと落ちています。
人間のからだから出るもので、水で洗いながせないものはひとつとしてなく、汗も皮脂も血液も、大便も小便もすべて水で流せます。だから、水で洗ってさえいれば、白髪もからだも清潔に保てるのです。
ニオイも同じです。ニオイの元は、皮脂が酸化してできる脂肪酸や過酸化脂質、アンモニアや硫化物などです。それらニオイの元は、水ですべて流せます。シャンプーをやめたばかりで、皮脂がまだたくさん出て、ベタついているうちは、とくに白髪の長い方などは、ニオイが気になるかもしれません。でも、シャンプーを断って4~5か月もたてば、皮脂量が減り、皮脂腺がすっかり縮みますの気にならなくなるでしょう。
もちろんそれよりも早い人も大勢います。いずれにしても私は脱・シャンプーを実行している人のそばで、不快なニオイを感じたことは一度もありません。
ただし、20~30cmまで近づいて頭のニオイを嗅げば、皮脂が頭皮に出てきたばかりの、皮脂自体のかすかなニオイはします。が、それは決して不快なニオイではありません。ます。が、それは決して不快なニオイではありません。酸化した有害な油などのニオイとは区別して考えるべきで、まったく無臭の人間なんてありえないのです。そんなかすかなニオイまで消そうとするのは、病的な感覚ですし、間違っていると思います。皮脂や汗のほかにも、白髪や頭皮には花粉やほこりといった水溶性の汚れやや、また、揚げ物の油や排気ガスなどの油溶性の汚れもつくでしょう。水溶性の汚れならもちろん水で洗いながせますし、油溶性の汚れも水の温度を少し上げれば、ほとんど落とせます。ほとんど落とせたら、それでよしとしましょう。頭皮の10万個の特大の毛穴から毒を注入してまで、シャンプーで汚れを完璧に落とす意味はどこにもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です